IOR(屈折率)について

屈折率とは物質中の光の進み方を表す指標です。光が物質Aから物質Bに進むときに境界で進行方向が変わります。これは物質ごとに光の進む速さが違うために起こる現象です。基準は真空中の光の進む速さで「1.0」とされています。

マテリアルの設定をしていると屈折率(IOR:Index Of Refraction)に値を入力する機会があると思います。物質の屈折率をまとめてくれているのがこちらです。


英語
refractive:屈折
index:指数、指標